ゼファルリンに含まれる亜鉛は吸収率が悪いという話の真相は

ゼファルリンに含まれる亜鉛は吸収率が悪いという話の真相は

ゼファルリンの亜鉛について

 

ゼファルリンには亜鉛という成分が含まれています。

 

この亜鉛には精子量を増加して精力を高める効果があるのですが、実は亜鉛は吸収率があまりよくありません。

 

 

ゼファルリンの効果

 

 

だからといってゼファルリンを過剰摂取してしまうと、頭痛や発熱に嘔吐といった副作用があります。

 

ですのでゼファルリンは過剰摂取はしないようにしてください。

 

 

ではこの吸収率が悪い亜鉛は、どのようにして体内でしっかり吸収出来るのか?

 

 

ここが疑問ですよね。

 

 

ゼファルリンに含まれる亜鉛の吸収率

 

 

お伝えしたとおり、亜鉛は吸収率が悪いです。

 

 

なので亜鉛のみ摂取してもすぐ体外へ排出されてしまうんですよね。

 

でもゼファルリンではこの問題は解決しています。

 

 

ゼファルリンにはマカという成分が含まれているのですが、これは亜鉛と相性がいいんですよ。

 

 

マカは亜鉛の吸収率を高めてくれる作用もしますし、亜鉛同様に性欲を高める作用をします。

 

 

更にゼファルリンにはビタミンCが含まれているのですが、これも亜鉛の吸収率を高めてくれます。

 

このようにマカとビタミンCが亜鉛の吸収率を高めてくれるので、亜鉛の吸収率は問題ありません。

 

 

もしも亜鉛の吸収率が悪いから・・・なんてゼファルリン以外で亜鉛サプリを飲用しているならやめてください。

 

 

ゼファルリンの効果

 

 

ただ副作用の可能性を高めるだけなので、ゼファルリンと他のサプリの併用はやめましょう。

 

 

※副作用は頭痛やめまい、腹痛を起こす可能性があります。

 

 

お酒を飲むと

 

実はビタミンCはアルコールの分解もしてくれる成分なんです。

 

 

しかしゼファルリンに限っては、ビタミンCは亜鉛の吸収率を上げる役目を与えられているんですよ・・・

 

 

もしお酒を飲んでいるタイミングでゼファルリンを飲んだら、ビタミンCはアルコールの分解を優先します。

 

これだとせっかくのビタミンCが意味を成さないものになってしまいます

 

 

ですのでゼファルリンを飲んだらお酒は飲まない!とちゃんと決めておいてください。

 

 

仮に仕事の付き合いなんかでお酒を飲むなら、1日くらいならゼファルリンの飲用をお休みしても大丈夫です。

 

そこでゼファルリンを飲んで無駄にするくらいなら、その日はゼファルリンは飲まないようにしましょう。

 

もし毎晩晩酌する人ならゼファルリンの栄養吸収の時間考えて、晩酌2時間程前には飲用すると良いです。

 

 

ゼファルリンを飲んでから消化吸収するまでに、約2時間程かかるのでその後ならお酒を飲んでも大丈夫ですよ!

 

そしてゼファルリンを飲む時は、水で飲むかぬるま湯で飲むようにしてください。

 

 

他の成分が含まれている飲用水だと、アルコールのようにゼファルリンの栄養吸収率を下げることになります

 

 

水かぬるま湯ならそういう心配は一切ないので、これは必ず守るようにしましょう。

 

 

ゼファルリンはバランスよく吸収してこそ増大効果を発揮するものです。

 

ゼファルリンにはちゃんと増大効果を発揮してもらいたいですよね!

 

 

なのでゼファルリンは正しい飲用方法で飲みましょう。

 

 

ゼファルリン効果トップページ

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ