ゼファルリンを飲むならタバコはダメ?実はビタミンが・・・

ゼファルリンを飲むならタバコはダメ?実はビタミンが・・・

タバコとゼファルリンの関係

ゼファルリンにはペニス増大の為に様々な成分が含まれます。

 

その中でビタミンCがあるのですが、これは主に亜鉛の吸収率を高めてくれる働きがあるんですよ。

 

 

そしてこのビタミンCは、タバコを吸うことである作用をします。

 

 

ゼファルリンの効果

 

 

ゼファルリンとタバコの関係

 

 

まずゼファルリンを飲用することでペニスを増大するために血行を促進します。

 

血行促進をすることでペニスへの血流量を増やし、ペニスの細胞分裂を促してくれるんですね。

 

 

そうすることで新しく生まれる細胞はより大きな細胞となり、その結果ペニス増大へと繋がります。

 

 

しかしタバコを吸うことで全身の血流を悪くしてしまい、悪影響でしかありません。

 

せっかくゼファルリンで血流を良くしているのにタバコを吸ってしまうと、効果が薄れてしまいます。

 

そしてタバコは血行促進の阻害だけでなく、もう一つ阻害してしまうものがあるんですよ・・・

 

それは亜鉛の吸収率を下げてしまうという事です。

 

 

 

ゼファルリンには亜鉛も含まれていて、その効果は精子量の増加と精力増強をしてくれるのですが、タバコを吸うと亜鉛がしっかり吸収されません。

 

 

これにはちゃんと理由がありまして、タバコを吸うと私達の身体はニコチンを「毒素」と判断します。

 

 

ゼファルリンの効果

 

この毒素を追い出そうとする際にビタミンCが消費されるんですよ。

 

 

既にお伝えしましたがビタミンCは亜鉛の吸収を助ける目的で配合されています。

 

 

でもタバコを吸ってしまうと身体は毒素を体外へ排出しようとするために、ビタミンCを消費してしまうんですね。

 

 

その結果亜鉛の吸収率が悪くなってしまうという結果になります。

 

 

お察しの通りゼファルリンとタバコの相性は悪いということになるので、出来る事なら禁煙しましょう。

 

とは言ってもいきなり禁煙となると、少々無理があります

 

 

そこで、出来る限りゼファルリンの栄養吸収の阻害をしない為に実践出来ることをお伝えします。

 

 

その方法とは

 

 

ゼファルリンを飲用する1時間前からタバコは吸わないようにしてください。

 

そしてゼファルリン飲用後2時間はタバコを吸わないようにしましょう。

 

 

実はタバコを吸うと、その後しばらくの間はよりいっそう血流が悪くなっています。

 

なのでタバコを吸い終わってから約1時間後くらいであれば、血流はそこまで悪い状態でもありません。

 

(タバコを吸わない人と比べると血流は悪いですが)

 

 

しかし喫煙者でも、吸い終わった後の時間としばらく吸っていない時間帯とでは血流量が変わるのは確かです。

 

 

そしてゼファルリンを飲んでから2時間というのは、消化して吸収するまでにかかる時間なんですね。

 

その後なら多少タバコを吸っても、血流は確かに悪くなりますが栄養吸収の阻害とはなりません。

 

 

もし禁煙するにしても、このように無理なく始められるところから始めることをオススメします。

 

 

ゼファルリン 効果

 

 

ゼファルリン

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ