ゼファルリンで相乗効果を出す為に必須の天然ハーブとは

ゼファルリンで相乗効果を出す為に必須の天然ハーブとは

ゼファルリンの相乗効果

 

ゼファルリンにはアカガウクルアという天然素材が配合されています。

 

これは増大の為には欠かせない成分で、他の成分とも相性が良いとされているんですね。

 

今回はこのアカガウクルアや、相乗効果についてお話しします。

 

ゼファルリンの効果

 

 

ゼファルリンの効果に相乗作用

 

 

まず最初にペニス増大についての説明から読んでください。

 

ペニスを増大していくためには、勃起力向上と男性ホルモンの増加が必要になります。

 

勃起力を向上することで、ペニスへ普段より多くの血液を流せるようになるんですよ

 

 

ペニスへの血流を増加して細胞分裂を促し、そうすることで新しく生まれる細胞はより大きな細胞となります。

 

 

次に何故男性ホルモンの増加が必要なのかと言うと、男性ホルモンを増加する事で性欲の増強が出来るんですよね。

 

性欲の増強は勃起力の向上に繋がるので、とても重要な事なんです。

 

この性欲の増強を促してくれるのがトンカットアリという成分なのですが皆様ご存知でしょうか?

 

トンカットアリでは男性ホルモンを増加してくれる働きがあります。

 

 

そしてこのトンカットアリと相性が良いとされているのが、ハーブの1種のアカガウクルアです。

 

 

ゼファルリンの効果

 

実はこのアカガウクルアにも男性ホルモンの分泌を促してくれる効果があるんですよ。

 

そしてトンカットアリとの相性がとても良いとされていて、相乗作用を生み出してくれるんです。

 

 

『それならトンカットアリだけもっと増やせばいいのでは?』

 

このようにお考えかもしれませんね。

 

 

ですがただトンカットアリの配合比率を増やしてしまうと、副作用を起こす可能性が高くなるのでゼファルリンではそのような配合比率にはしていません。

 

 

そうならないために相性の良いアカガウクルアを混ぜているので、副作用が起こる可能性がありません。

 

 

まとめ

 

1、アカガウクルアとトンカットアリの相乗作用で男性ホルモンの分泌が活発になる。

 

2、男性ホルモン増加により勃起力が向上するので、ペニスへより多くの血液が流れるようになります。

 

3、ペニスへ多くの血液を流す事によりペニスの細胞分裂を促して増大を目指す。

 

 

相乗作用とは言っても身体に負担をかけない相乗作用なので、ホルモンバランスの乱れ等は一切起きません。

 

(ホルモンバランスが乱れると、性欲減退や食事等の栄養吸収率が下がります)

 

 

そもそもゼファルリンは安全性が高く評判の良い増大サプリメントです。

 

なので身体に負担になるんじゃ・・というような心配はいりません。

 

 

ゼファルリンに配合されている成分は全て天然素材なので身体に優しい成分です。

 

ですので気軽に安心してペニスの増大を目指せるサプリメントなんですよ。

 

 

ゼファルリンの効果を100%出す方法

 

ホーム RSS購読 サイトマップ